『心がほっこりあたたかくなるような優しいお料理』

はじめまして。たまゆです。

ご覧いただきましてありがとうございます。

『心がほっこりあたたかくなるような優しいお料理』

なんだか地味にみえるような普通の家庭料理でも、丁寧に優しい気持ちで作ったお料理は食べると心がほっこりしたり、あたたかい気持ちになれたりしますよね。私は、そんなお料理をめざして毎日のごはんを作っています。

作りなれたお料理も、簡単なお料理も、食べる人のこと(自分のことも)を想って丁寧に作ることを心掛けています。

もちろん外食をしたり、お惣菜を買ったりすることもありますが、「お家で食べるご飯が一番好き」そう思えたら、そう言ってもらえたらとても幸せだなと思います。

このブログは自分の覚え書きのためにレシピを記録していこうと思い始めましたが、もし少しでも誰かのお役にたてましたら幸いです。

Instagram ▶ https://www.instagram.com/tamayu_0316

プロフィール写真

https://tamayublog.com/

豚ひき肉と白菜の中華あんかけ

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『豚ひき肉と白菜の中華あんかけ』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2~3人分】
  • ✔豚ひき肉 200g
  • ✔白菜 1/8個
  • ✔玉ねぎ 1/2個
  • ✔しめじ 1株
  • ◎鶏ガラスープの素 大さじ1
  • ◎醤油 大さじ1
  • ◎酒 大さじ1
  • ◎水 1カップ(200ml)
  • 〇ごま油 大さじ1
  • ●片栗粉 大さじ1
  • ●水 大さじ1
手順
  1. 白菜は3センチ幅のざく切りにし、芯と葉の部分に分けておく。
  2. 玉ねぎは薄切りにする。しめじは石づきを切り落としてほぐす。
  3. ◎をすべて混ぜあわせておく。
  4. フライパンにごま油を中火で熱し、豚ひき肉を炒める。
  5. 豚ひき肉に火が通ったら白菜の芯、玉ねぎ、しめじも入れてさらに炒める。
  6. 全体がしんなりしたら白菜の葉と◎を加えて軽く混ぜあわせる。
  7. 一煮立ちしたら一度火を止める。
  8. ●をあわせて水溶き片栗粉をつくり、フライパンに加えてよく混ぜる。
  9. 再び火をつけ加熱し、とろみがついたら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 水溶き片栗粉を加えるときは、一度火を止めてから加えるとダマになりにくいです。
  • とろみが足りない場合は様子をみながら水溶き片栗粉を足してください。
  • 仕上げに黒コショウをふっても美味しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

鮭のホイル焼き(レモンバター醤油)

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『鮭のホイル焼き(レモンバター醤油)』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2人分】
  • ✔生鮭 2切れ
  • ✔しめじ 1/2株
  • ✔えのき 1/2株
  • ✔ピーマン 2個
  • ✔にんじん 1/2個
  • 〇塩コショウ 少々
  • 〇バター 20g
  • ●レモン汁 大さじ1
  • ●醤油 大さじ1
手順
  1. 鮭の両面に塩(分量外)を振り10分置いた後、水で洗い流す。
  2. キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取り、塩コショウで下味をつける。
  3. ピーマンとにんじんは細切りにする。えのきとしめじは石づきを切り落としてほぐす。
  4. アルミホイル(1人分で30センチ程度)を用意する。中央に油少々(分量外)をたらして、キッチンペーパーなどで油を広げる。
  5. 鮭を皮面を下にしてアルミホイルの上に置く。
  6. 鮭の両脇ににんじんを置き、その上にピーマンをのせる。
  7. えのきとしめじは鮭の上に盛り、最後にバターをのせる。
  8. アルミホイルを隙間のないように包む。
  9. 中火で熱したフライパンに包んだホイルをのせ、蓋をして3分加熱する。
  10. 蓋をしたまま弱火にし、さらに10分加熱する。
  11. ●をあわせておく。
  12. 火を止めたらホイルごと器に盛り付け、ホイルを開きレモン醤油をかけたら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 鮭の臭みとり(手順1)で鮭を水で洗う工程がありますが、ゆっくり洗うと仕上がりが水っぽくなってしまうので、3秒ほどでさっと洗い流してください。
  • にんじんは火が通りづらいので、フライパンと直に接するよう盛り付けます。
  • レモン醤油の代わりにポン酢などで食べても美味しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

豚こま肉の肉じゃが

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『豚こま肉の肉じゃが』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2~3人分】
  • ✔︎豚こま肉 200g
  • ✔︎じゃがいも 2個
  • ✔玉ねぎ 1/2個
  • ✔にんじん 1/2本
  • ✔絹さや 50g
  • ●酒 小さじ1
  • ●三温糖(砂糖) 小さじ1
  • ○三温糖(砂糖・炒め用) 大さじ2
  • ◎水 1カップ(200ml)
  • ◎白だし 大さじ4
  • ◎酒 大さじ2
  • ○醤油 大さじ2
手順
  1. 豚肉は一口大に切り、ポリ袋に入れる。●も入れてよく揉み込み、置いておく。
  2. じゃがいもは皮を剥き4つ割にする。
  3. 玉ねぎはくし切りに、にんじんは乱切りにする。絹さやは筋を取る。
  4. 鍋に油(分量外)を中火で熱し、豚肉を炒める。
  5. 豚肉に火が通ったらじゃがいも、玉ねぎ、にんじんを入れて炒める。
  6. 全体に油がまわったら三温糖(炒め用)を加えてさらに炒める。
  7. 砂糖がなじんだら、◎を加える。ひと煮立ちさせ、アクをとり、落とし蓋をして5分煮る。
  8. 醤油を加えて軽くかき混ぜたら、蓋をせずに弱火で15分煮込む。
  9. 絹さやを加え、さらに2分加熱したら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 最初にお肉と野菜を砂糖で炒めると、しっかり甘みが入ります。
  • 一度冷ましてから再加熱すると、味が染み込んでさらに美味しくいただけます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

豚こま肉と茄子のピリ辛さっぱり炒め

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『豚肉と茄子のピリ辛さっぱり炒め』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2~3人分】
  • ✔豚こま肉 200g
  • ✔茄子 2本
  • ✔ピーマン 3個
  • ●酒 小さじ1
  • ●砂糖 小さじ1
  • ◎醤油 大さじ2
  • ◎みりん 大さじ1/2
  • ◎酢 大さじ1
  • ◎豆板醤 小さじ1/2
  • ○片栗粉 大さじ1
手順
  1. 豚肉は一口大に切り、ポリ袋に入れる。●も入れてよく揉み込み、置いておく。
  2. 茄子はヘタをとり乱切りにする。水に10分さらしたあと水気をきる。
  3. ピーマンはヘタと種を取り除き、大きめの乱切りにする。
  4. ◎をすべて混ぜあわせておく。
  5. 2の袋に片栗粉を入れ、くちを閉じ、上下左右に振ってまんべんなくまぶす。
  6. フライパンに油(分量外)を中火で熱し、豚肉を炒める。
  7. 豚肉に火が通ったら、茄子とピーマンを加えて炒める。
  8. 全体に油が回ったら蓋をして弱火で5分蒸し焼きにする。焦げ付かないよう途中で一度混ぜ合わせる。
  9. 4で作ったタレを加えて、さらに炒める。
  10. タレが全体に絡んだら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 安いお肉でも酒と砂糖を揉み込むことで、しっとり柔らかくなります。
  • お肉にしっかり粉をまぶして焼くことで、タレがよく絡みます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

かぼちゃの塩炊き

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『かぼちゃの塩炊き』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2~3人分】
  • ✔かぼちゃ 1/4個
  • ●塩 小さじ1/2
  • ●水 50ml
手順
  1. かぼちゃは種とワタを取り除き、皮に硬い部分があれば削ぎ落す。3~4センチ角に切る。
  2. 鍋にかぼちゃを重ならないように並べる。この時、皮側が下になるようにする。
  3. 塩を振りかけ、蓋をして10分待つ。
  4. 水を加え、蓋をして弱火で15分煮る。
  5. 蓋を取り、3~5分程度加熱する。水気が無くなったら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • かぼちゃを煮るときは重ならないように並べると、火の通りが均一になります。
  • 厚手鍋や無水鍋の場合は無水でも作れます。
  • 塩加減はお好みで調整してください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

鶏肉と大根の塩煮込み

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『鶏肉と大根の塩煮込み』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2~3人分】
  • ✔︎鶏もも肉 200g
  • ✔︎大根 1/3本
  • ✔にんじん 1/2本
  • ○水 1.5カップ
  • ●白だし 大さじ4
  • ●塩 小さじ1/3
手順
  1. 鶏もも肉は大きめの一口大に切る。
  2. 大根は皮を剥き3〜4㎝長さに切り、さらに4つ割にする。
  3. にんじんは皮を剥き、大きめの乱切りにする。
  4. 鍋に鶏もも肉と大根、にんじん、水を入れて火にかける。煮立ったらアクを取る。
  5. ●も加え、落とし蓋をして中火で15分煮る。
  6. 大根とにんじんが柔らかくなったら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 塩加減は味見をしながら調整してください。
  • 一度冷ましてから再加熱すると味がよく染み込みます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

トマトと大葉の和風マリネ

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『トマトと大葉の和風マリネ』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2人分】
  • ✔トマト 1個
  • ✔大葉 5枚
  • ●ごま油 大さじ1
  • ●醤油 大さじ1と1/2
  • ●酢 大さじ1
手順
  1. トマトはヘタをとり、一口大に切る。
  2. 大葉はお好みの大きさに刻む。
  3. ボウルに●を全て混ぜあわせ、マリネ液をつくる。
  4. マリネ液にトマトを入れてよく和える。
  5. 器に盛り付け、大葉をのせたら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 食べる前に冷蔵庫で冷やすと、味が馴染んでより美味しくいただけます。
  • 大葉は和えても美味しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

玉ねぎのおひたし

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『玉ねぎのおひたし』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2~3人分】
  • ✔玉ねぎ 1個
  • ○三温糖(砂糖) 大さじ1
  • ●醤油 大さじ1
  • ●白だし 大さじ1
  • ●水 大さじ5(75ml)
  • ○かつおぶし お好みの量
手順
  1. 玉ねぎは繊維を断ち切る方向に薄切りにする。
  2. 薄切りにした玉ねぎに砂糖を振りかけよく揉み込み、そのまま水に5分さらす。
  3. 砂糖を洗い流し、ザルにあげ、よく水気を絞る。
  4. ボウルに●を全て混ぜあわせる。
  5. 玉ねぎも入れて和える。
  6. 冷蔵庫で1時間程度冷やしてから、器に盛りかつおぶしを乗せて出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 玉ねぎは下処理をしっかりして、辛みエグミを抜きます。
  • 味がボケないようにしっかり玉ねぎの水気を絞ってから調味料と和えてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

青椒肉絲(チンジャオロースー)

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『青椒肉絲』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2~3人分】
  • ✔豚こま切れ肉 200g
  • ✔ピーマン 5個
  • ✔細切たけのこ(水煮) 1袋(200g)
  • ◎にんにくチューブ 3センチ
  • ◎三温糖(砂糖) 小さじ1
  • ◎酒 小さじ1
  • ●オイスターソース 大さじ2
  • ●酒 大さじ2
  • ●醤油 小さじ1
  • ●鶏ガラスープの素 小さじ1
  • ○片栗粉 大さじ1
  • ○ごま油 大さじ1
手順
  1. 豚肉は細切りにし、ポリ袋に入れる。◎も入れてよく揉み込み、置いておく。
  2. ピーマンは種とワタを取り除き、細切りにする。たけのこの水煮は水洗いし、水気を切っておく。
  3. ●をすべて混ぜあわせておく。
  4. 1の袋に片栗粉を入れ、くちを閉じ、上下左右に振ってまんべんなくまぶす。
  5. フライパンにごま油を中火で熱し、豚肉を炒める。
  6. 豚肉に火が通ったらピーマンとたけのこを加え、しんなりするまで炒める。
  7. 3で作ったタレを加えて、強火でさっと炒める。
  8. タレが全体に絡んだら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 安いお肉でも酒と砂糖を揉み込むことで、しっとり柔らかくなります。
  • お肉にしっかり粉をまぶして焼くことで、タレがよく絡みます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。

春菊のごま和え

ご覧いただきありがとうございます。

今回は『春菊のごま和え』のレシピをご紹介させていただきます。

材料【2~3人分】
  • ✔春菊 1把
  • ●醤油 大さじ1
  • ●白だし 大さじ1/2
  • ●三温糖(砂糖) 小さじ2
  • ●すりごま 大さじ2
手順
  1. 春菊はよく洗ったあと、塩をひとつまみ加えた熱湯で茹でる。このとき、茎部分のみ湯につけて30秒、葉先まで沈めてさらに30秒茹でる。
  2. 茹で上がったら冷水に浸けて冷ます。手で水気を絞った後、4センチ幅に切る。
  3. すぐ食べない場合は、春菊は冷蔵庫に入れておく。
  4. ●を混ぜあわせて和え衣をつくる。なるべく食べる直前に春菊と和えたら出来上がり。
美味しく作るコツ
  • 春菊の茎が太い場合は、茹で時間を長めにします。
  • 味がボケないようにしっかり春菊の水気を絞ってください。
  • 春菊と和え衣は、食べる直前に和えると仕上がりが水っぽくなりません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ作ってみてくださいね。